気まぐれ写真日記

<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

運動会(小学校)

良い天気です。
f0195813_22022501.jpg
まずはゆず(2年生)の徒競走
f0195813_22022816.jpg
いつもの全力疾走
f0195813_22023198.jpg
しかし今年は男子も多くはじめてのビリ。でも笑顔で走りきりました。
f0195813_22023463.jpg
姉は意外にも放送委員。
f0195813_22025406.jpg
やや声が小さいですががんばってました。
f0195813_22025752.jpg
そしてゆな(5年生)の徒競走
f0195813_22030039.jpg
今年は、はじめてのビリじゃ無い。そしてまさかの3位。
よかったね〜
f0195813_22030351.jpg
ゆずのデカパン競争
f0195813_22032514.jpg
いつも仲良しのでかい最強のコンビでした。
f0195813_22032734.jpg
とても楽しそう。
f0195813_22033082.jpg
全力で喜んでいます。
f0195813_22033316.jpg
ゆなのリレー
f0195813_22034679.jpg
抜かれることもなく頑張ってます!
f0195813_22035053.jpg
前より走れるようになったな〜
f0195813_22035254.jpg
笑顔で走ってます。
f0195813_22035630.jpg
バトンタッチ。
f0195813_22042217.jpg
さぁお昼です。
フラインングのゆず。
f0195813_22042988.jpg
おにぎり大好きなゆな
f0195813_22043252.jpg
ユメはどこへ行ったかと思ったらよそのお家でがっつりエビフライ食べてました。。。すみません。
f0195813_22042536.jpg
昼一は来年入学児のかけっこ。
f0195813_22045131.jpg
そう、来年は一年生。
f0195813_22045412.jpg
嬉しそうに帰ってきました。
f0195813_22045716.jpg
さぁゆずの表現。
f0195813_22051597.jpg
これも全力ですよ〜
f0195813_22051967.jpg
f0195813_22052242.jpg
f0195813_22060592.jpg
f0195813_22060726.jpg
がんばったね。

次はゆなの組体操
えっ、、上?
f0195813_22061130.jpg
下の子大丈夫かな??
f0195813_22061663.jpg
これも上!
f0195813_22062986.jpg
またしても。。上。
f0195813_22063359.jpg
これは・・・上ではなかったみたい。ほっ。
f0195813_22063770.jpg
笑顔で楽しそうでした。
f0195813_22064099.jpg
最後までがんばったね〜
f0195813_22065819.jpg
帰りに張り切ってその家の荷物を運ぶゆめ。
うちのを手伝っておくれ。
f0195813_22070134.jpg
ぐったりのママ。お疲れさまでした〜
f0195813_22071290.jpg




by tshibaponjp | 2017-09-30 16:11 | TAMRON 18-200mm | Comments(0)

槍・穂高縦走(4日目)②紀美子平〜上高地〜平湯

事故が多いという重太郎新道を通って上高地へ
まずは岳沢小屋を目指します。
f0195813_17143968.jpg
いきなり滑りやすい鎖場をおります。もし雨だったらホントに厳しいだろうな。
f0195813_17151208.jpg
岩場をどんどん下っていきます。
f0195813_17151739.jpg
谷の眺めが素晴らしい。
f0195813_17154502.jpg
岳沢パノラマポイントに到着。紀美子平から約30分。
f0195813_17155007.jpg
まだまだスリップしそうな鎖場が。
下には人だかりで、どうやら滑落してしまった人が救助を受けている。
f0195813_17161536.jpg
まだまだ危険な箇所が続くようです。

f0195813_17161932.jpg
はしごの下は崖っぷちになっていました。
f0195813_17164503.jpg
ようやくなだらかな場所まで降りてきました。
f0195813_17164999.jpg
岳沢に到着。
f0195813_17171595.jpg
岳沢小屋。紀美子平から1時間30分。
f0195813_17171926.jpg
先ほどの救助のヘリがやってきました。
無事であることを祈って。
f0195813_17174604.jpg
さぁ休憩もとっていよいよ上高地へ
f0195813_17175287.jpg
なぜかダッシュするアキラ氏。ついていくのが必至です。
f0195813_17181570.jpg
どんどん遠ざかっていく〜
f0195813_17182001.jpg
岳沢ー上高地の中間地点。
f0195813_17184532.jpg
天然クーラー。
ホントにひんやりした空気が流れ出てきてます。
f0195813_17184817.jpg
遊歩道が現れ上高地の近さが伺えます。
f0195813_17191536.jpg
ついに登山道終了〜
岳沢小屋から1時間7分。かなり早かった。
f0195813_17192048.jpg
沢からの水がとても綺麗。
f0195813_17200160.jpg
再び遊歩道を歩いて河童橋へ向かいます。
f0195813_17200938.jpg
ザ・上高地って雰囲気です。
f0195813_17203486.jpg
降りてきた道を振り返って。
f0195813_17203937.jpg
戻ってきましたね〜
f0195813_17210593.jpg
ジェラートで乾杯。
f0195813_17211089.jpg
アキラさんは贅沢ビールで。
f0195813_17213436.jpg
さぁバス停に戻りますか。
f0195813_17213833.jpg
平日でもバスターミナルはたくさんの人が。
f0195813_17220551.jpg
平湯行きも長蛇の列でした。
f0195813_17220823.jpg
14:30あかんだな駐車場へ戻ってきました。
f0195813_17223521.jpg
これにて終了〜
f0195813_17223974.jpg
そしてまずは風呂!
f0195813_17230670.jpg
最後はメシ!
f0195813_17230942.jpg
21時前に名張帰宅。

はじめてのアルプス、はじめてのテント泊、はじめての縦走。
実に天気に恵まれ、事故もトラブルもなく
怖いくらいスムーズな3泊4日の山行でした。
アキラさんのおかげですね。色々とありがとう〜




by tshibaponjp | 2017-09-26 16:41 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(4日目)①穂高岳山荘〜前穂高岳

やっぱりあまり寝れなかったのでカメラ持ってふらふらと。
朝4:30の穂高岳山荘。山小屋の朝もとても早いです。
f0195813_17075746.jpg
日の出前の空もとても綺麗。
f0195813_17075959.jpg
日の出前からヘッデン点けて続々と登り始める登山者たち。
f0195813_17082720.jpg
今日も素晴らしい日の出です。
f0195813_17083099.jpg
5:30。お湯を沸かして朝食の準備。
f0195813_17085700.jpg
6:30。テントも撤収し、いよいよ最終日の始まりです。
奥穂高岳と前穂高岳のピークを踏みに行きます。
f0195813_17090059.jpg
いきなりはしごの連続です。
f0195813_17092764.jpg
すぐそこだと思っていたピークは結構遠い。
f0195813_17093074.jpg
ジャンダルムの姿がはっきりと。
ちょうど核心と思われる馬の背を慎重に超えている人たちが5〜6人いました。たぶん暗い時間から出発した人たちなんだろう。
f0195813_17095791.jpg
奥穂高岳(3190m)に到達。今回の最高峰。国内第3位。
ここまで約40分。
f0195813_17100077.jpg
タイミングよくここで100名山を達成した人が。
いったいどれだけの時間と体力がいるんだろう。。
f0195813_17102749.jpg
さぁいよいよ残すは前穂高のみ。

f0195813_17103103.jpg
槍がまだ見えました。
ここまでのピークが全て見えるポイントです。
f0195813_17110454.jpg
南陵ノ頭
f0195813_17110872.jpg
また1時間以上の険しい下りが続きそうです。
f0195813_17114049.jpg
視界は良好!
f0195813_17114324.jpg
奥穂ー西穂の稜線がくっきり。
f0195813_17121062.jpg
ここまで約50分。結構良いペースです。
f0195813_17121311.jpg
なんだかすごい岩。
f0195813_17124089.jpg
紀美子平到着〜 奥穂から約1時間。なかなかのハイペースなのかな?
f0195813_17124390.jpg
ここは前穂へのアタック地点。見晴らしもよく、たくさんの人で賑わいます。
f0195813_17143662.jpg
今回最後のピーク、前穂高岳(3090.5m)
アタックザックで身軽になったので早いと思ったけど25分くらいはかかったかな。
f0195813_17131393.jpg
この日もとても眺めがよく南アルプスの稜線が見えました。
f0195813_17131749.jpg
槍もくっきり見えますね。
f0195813_17134309.jpg
さぁ紀美子平まで慎重におります。
f0195813_17134728.jpg

これで今回のピークは終了。
今回の縦走で、国内3000m級21座のうち8座を一気に踏んだということらしい。
そういう実感がわかないがとても満足感の高い縦走だったことに間違いない。




by tshibaponjp | 2017-09-26 10:36 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(3日目)②北穂高岳〜涸沢岳〜穂高岳山荘

北穂高岳小屋のすぐ裏に北穂高岳のピークがあった。
f0195813_16585934.jpg
本日の第二核心のはじまり。今回の行程で一番険しいと聞く涸沢岳への道のりです。ドキドキです。
f0195813_16590272.jpg
すぐに涸沢への分岐がありました。
f0195813_16592877.jpg
険しそうな稜線が続きます。
f0195813_16593193.jpg
下りも足を滑らすと大変なことになりそう。
f0195813_16595827.jpg
大キレットに劣らないな。
f0195813_17000205.jpg
奥ホを目指す。
f0195813_17002836.jpg
ボルダリングできたら楽しそう。こんなところにまで来れないけど。
f0195813_17003128.jpg
視界の広さが気持ちいい。
f0195813_17005980.jpg
あのてっぺんまでいくのか。いけるのか?
f0195813_17010203.jpg
最低コルに到着。北穂高岳からここまで約50分。
ここからが核心だな。
f0195813_17012943.jpg
どんどん進むアキラ氏
f0195813_17013604.jpg
アキラ氏の前には単独行の女性が。全く追いつけない。どんどん離される。早い。。。
f0195813_17015824.jpg
長い鎖場が連続します。
f0195813_17020368.jpg
はしごもたくさんあります。
f0195813_17024632.jpg
たまに後ろを振り返る。まだ槍が見えますね。
f0195813_17025013.jpg
休憩を挟みながら慎重に。。
f0195813_17031639.jpg
癒し。
f0195813_17032095.jpg
足がすくむ高さ。思わず鎖を握る手に力が入る。
f0195813_17034696.jpg
核心は越えましたね。
f0195813_17035081.jpg
涸沢岳到着。
北穂高岳から1時間50分ほど。
f0195813_17044541.jpg
眼下には穂高岳山荘が!
f0195813_17041654.jpg
まだ遠くに槍が見えます。南岳も。あそこから自分の足で歩いた来たとは思えない。
f0195813_17041888.jpg
穂高岳山荘到着!多くの人で賑わっています。
f0195813_17051976.jpg
早速キャンプの受付。
f0195813_17051589.jpg
本日のテント場。かなり狭いです。段々畑ならぬ段々テント。
f0195813_17054607.jpg
この度の核心を越えてかんぱーい。
f0195813_17061584.jpg
ずーっと下には涸沢が見えます。
f0195813_17054915.jpg
ラッキーなことに荷揚げのヘリを間近で見れました。
迫力あります。
f0195813_17061921.jpg
かっこいいな〜
f0195813_17064648.jpg
今日の日の入りもめちゃ綺麗でした。
f0195813_17064940.jpg
奥穂高を望む
f0195813_17071589.jpg
満天の星空。うっすら天の川も見える。見えにくい?
f0195813_17071845.jpg
核心を乗り越え来てみたかった穂高岳山荘にたどり着けた。
そしてテントから顔を出して満天の星空を眺める。
最高の夜でした。



by tshibaponjp | 2017-09-25 20:26 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(3日目)①南岳〜北穂高岳

夜から足元が冷たかった。
どうりで寒いと思ったらテント凍ってました。AM6:00
f0195813_16511792.jpg
あきらくんも大キレットの下見に連れて行きます。
f0195813_16512846.jpg
ねっ、ヤバそうでしょ。
f0195813_16513293.jpg
稜線の影が山に映る。
f0195813_16515863.jpg
7:15 さあ!いざ大キレットへ!
f0195813_16520149.jpg
一気に降り稜線に出る
f0195813_16522877.jpg
まだまだよゆーですね。
f0195813_16523575.jpg
目印を見失わないように。
f0195813_16525816.jpg
まだまだ降ります。
f0195813_16530276.jpg
細い稜線。。。もし転んだら。。。
f0195813_16532863.jpg
振り返るとかなり降りてきたことがわかる。
f0195813_16533295.jpg
先は長く険しそう。。。
f0195813_16535888.jpg
北ホへ向かいます。
f0195813_16540124.jpg
まるで岩登りな場所も。
f0195813_16542837.jpg
Hピークに到着。ここまで1時間15分ほど。
f0195813_16543262.jpg
かなりの高度感。。。
f0195813_16545797.jpg
足元も悪いです。
f0195813_16550070.jpg
ナイフリッジを超える。
f0195813_16552845.jpg
ここはかなり緊張感あります。
f0195813_16553238.jpg
鎖あるけどそれでも怖いっす。
f0195813_16555820.jpg
この上から降りてきました。
f0195813_16560480.jpg
ようやくA沢のコル、広い場所に。
f0195813_16562880.jpg
ここからは一気に登り。
f0195813_16563147.jpg
足元狭し!
f0195813_16565891.jpg
今日も天気は最高なんです。
f0195813_16570180.jpg
飛騨泣き最後のポイント ここまで約2時間。
f0195813_16572805.jpg
ここはフリーでも登れるらしいです。こんな高所でフリーなんて考えたら恐ろしい。。。
f0195813_16573204.jpg
ようやく小屋が見えた〜
f0195813_16575965.jpg
見えてからがしんどかったけど、ようやく北穂高小屋到着。ここまで2時間50分。
f0195813_16580339.jpg
眺めの良いテラス。上高地対岸の山々が一望できました。
f0195813_16582813.jpg
今日の第一核心を越えてホッとしています。
ここでお昼休憩をとりました。
f0195813_16583127.jpg
緊張してたけど想像よりは登りやすかったな。




by tshibaponjp | 2017-09-25 12:20 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(2日目)②槍ヶ岳〜南岳

カレーでお腹も満たされ休憩も終え、槍ヶ岳山荘を後にし、南岳小屋のテン場を目指します。
f0195813_15291323.jpg
振り返ると槍。
f0195813_15292088.jpg
雪渓が残っています。
f0195813_15292445.jpg
1時間ほど歩いて中岳(3084m)到着。
f0195813_15293297.jpg
視界が広がります。
f0195813_15293827.jpg
あれっ大喰岳(3101m)ってどこだっけ?
中岳より前に通過してました。。。
f0195813_15294740.jpg
次は南岳を目指して歩きます。
f0195813_15300041.jpg
岩場があるとちょっと嬉しい。
f0195813_15300346.jpg
天狗原でちょいと休憩。槍ヶ岳から2時間経過。
f0195813_15301571.jpg
南岳(3032.9m)到着。槍ヶ岳から2時間20分。
f0195813_15301883.jpg
あとは近くの南岳小屋を目指すが、ガスがすごい。
f0195813_15302952.jpg
見えてきました。
f0195813_15303362.jpg
ようやく本日のゴール。
f0195813_15304409.jpg
キャンプの受付をして水(雨水)を買います。1L200円。
f0195813_15304795.jpg
昨日とは全く異なるロケーション。
f0195813_01293609.jpg
雲を眼下に天界のキャンプ地ですね。
f0195813_15305984.jpg
いよいよ明日チャンレンジする大キレットが見える展望台へ
f0195813_15310836.jpg
・・・これいくの?はるか向こうのてっぺんに小さく山小屋がみえました。
f0195813_15311136.jpg
なんとも素晴らしい日の入り。
f0195813_15312514.jpg
標高が高いからか昨日よりかなり寒いです。
夕食を摂って8時ごろにテントに潜り込む。
f0195813_16511383.jpg
今日の行動時間は9時間15分。よく歩きました。




by tshibaponjp | 2017-09-24 18:10 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(2日目)①ババ平〜槍ヶ岳

早朝5:30
ほとんど眠れなかった。
f0195813_15244703.jpg
朝食を摂ってテントを撤収していざ槍へ!
f0195813_15245073.jpg
少しづつ景色が開けてきます。
f0195813_15245821.jpg
25分で大曲分岐へ到着
予定より時間が早いので、ルートは険しいが景色が良いとされる東鎌尾根ルートでチャレンジすることに。
f0195813_15250336.jpg
尾根に向かって一気にジグザグ登っていきます。
紅葉に向かって色づき始めるナナカマド
f0195813_15251261.jpg
1時間15分ほどでようやく尾根に。
f0195813_15251517.jpg
水俣乗越到着〜
f0195813_15252532.jpg
ちょいと休憩して
東鎌尾根をいざ!
f0195813_15252854.jpg
7分ほど歩いたら〜
立派な槍とご対面!
空青すぎる!
f0195813_15253886.jpg
めっちゃテンションUP!
f0195813_15254131.jpg
けれどもまだまだ先のようです。
f0195813_15260334.jpg
昨日のテント場がかすかに見えます。
f0195813_15260615.jpg
前には海外からの団体さんが。
f0195813_15261830.jpg
木製階段を上る
f0195813_15262274.jpg
鉄製はしごを下る
f0195813_15263282.jpg
ちょっとだけ近づいたかな?
f0195813_15263502.jpg
右も左も景色は最高!
f0195813_15264542.jpg
日陰を見つけて小休止
f0195813_15264866.jpg
ようやくかぶり岩に
f0195813_15265898.jpg
ヒュッテ大槍に到着〜
小休止入れて水俣乗越から1時間50分
ここまでくればあと少し。
f0195813_15270146.jpg
全貌が!
f0195813_15271064.jpg
雲ひとつない槍を目指して
f0195813_15271395.jpg
殺生ヒュッテを見下ろす。
f0195813_15272292.jpg
あと300m
f0195813_15272766.jpg
本当に300m?
f0195813_15274039.jpg
あと200m。100mってこんなに遠くしんどかったのか。。。
f0195813_15274308.jpg
いよいよ槍の裾まで
f0195813_15275405.jpg
山荘も目前
f0195813_15275885.jpg
槍ヶ岳山荘到着〜 
ヒュッテ大槍から45分
f0195813_22002279.jpg
見晴らし最高な場所ですね。
f0195813_22002586.jpg
荷物をデポしてアタックザックで頂上へ
f0195813_15282061.jpg
ヘルメット必須の岩場を登ります。
f0195813_15282331.jpg
真ん中にあるのが子槍。アルプス一万尺〜コヤリのう〜え〜で♪の子槍はこのことらしい。
f0195813_15283363.jpg
まだまだ険しい岩場が続きます。
f0195813_15283689.jpg
最後の2段はしごを登ったら。
f0195813_15284494.jpg
頂上です!
f0195813_15284713.jpg
来た道を見下ろす。
f0195813_15285727.jpg
頂上は狭いのですぐにおります。
f0195813_15290067.jpg
空いていたので頂上まで登り20分。下り15分。

まだ12時過ぎ。
せっかくなので山荘のキッチン槍でカレーをいただきます。
f0195813_15291068.jpg
量がてんこ盛り。
めっちゃうまかった〜

超晴天に恵まれ、東鎌尾根ルートの景色も絶景で
槍の穂先の渋滞もなく最高の槍ヶ岳でした。


by tshibaponjp | 2017-09-24 12:53 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(1日目)平湯〜ババ平

初めてのアルプス、初めてのテント泊登山。3泊4日の槍・穂高をつなぐ大キレットを含む縦走に。
わくわくドキドキで待ちに待った日がやっとやってきました。

あきら君が迎えに来てくれ、朝4時に名張を出発して8:30に平湯のあかんだな駐車場に
雨上がりの天気。最終パッキングで荷物を整理。
23年程前に買ったザックで挑む。水750mlを入れて約15kg。だいぶ削ったはずなのに・・・
f0195813_15213821.jpg
8:50のバスに乗る
f0195813_15214118.jpg
上高地バスターミナルにて保険の加入と登山届を提出
f0195813_15220629.jpg
靴紐締めて出発
f0195813_15220979.jpg
上高地おなじみの河童橋。観光客で賑わっています。
f0195813_15221828.jpg
どの川も水が澄んでいる
f0195813_15222147.jpg
1時間ほど歩いて明神館にて休憩。15kgのザックが身に堪える。身軽な観光客が羨ましい・・・
f0195813_15224122.jpg
ぼちぼち平地を歩きます。
f0195813_15224439.jpg
また1時間ほど歩いてきれいなテント場が、
f0195813_15225384.jpg
徳沢に到着。ここはまだまだ観光地。
f0195813_15225625.jpg
ここでお昼休憩。食料減らして少しでも荷物を軽くしたい。。。
f0195813_15230652.jpg
ひと気が減りますが、まだまだ平地を歩きます。
天気がどんどん良くなっていく。
f0195813_15230921.jpg
また1時間あるいて横尾に到着。
登山客の割合が高いです。
ちょっと(だいぶ)疲れてきました。
f0195813_15232294.jpg
ここが涸沢と槍沢への分岐点。
f0195813_15231862.jpg
あっちが涸沢へ橋。いつか涸沢でテント張ってみたいな〜


ここから先はいよいよ登山道。
ちょっと不安になる警告が。。。
f0195813_15233348.jpg
まだまだ平地ですが慣れない重さにバテてきました。
f0195813_15233630.jpg
めっちゃ遠いが、槍の先っちょが見えるポイントに到着。
初めて見る槍。ちょっと小さいが実感が湧いて元気が出てきた。
f0195813_15234688.jpg
いくつか沢を渡り気持ち良く進むが、ちょっとの登りが足腰に・・・
f0195813_15235067.jpg
横尾から1時間半ほどでようやく槍沢ロッヂに。
某ブログで1時間で着いたと書いてあったので余裕だと思っていたが体力のなさを痛感。
f0195813_15240195.jpg
キャンプの受付をしてくれるアキラ氏
f0195813_15240989.jpg
一安心でビールを飲むアキラ氏。
f0195813_15242134.jpg
でもまだキャンプサイトまで30分あるんです。
f0195813_15242503.jpg
ようやく今日のキャンプ地、ババ平に。水もあるしトイレも綺麗になったらしくて快適。
二人揃って初テント。
夕暮れはちょっと冷えます。
f0195813_15243361.jpg
疲れ切ったので早々に夕食タイム
f0195813_15243689.jpg
かなり、そうとう、だいぶ早いが18時過ぎに就寝。。。


by tshibaponjp | 2017-09-23 18:05 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

組体操

幼稚園の運動会に向けた組体操の練習らしい。
f0195813_15191113.jpg
土台がしっかりしてるから安心だね。
f0195813_15191472.jpg



by tshibaponjp | 2017-09-14 20:18 | SIGMA 17-50mm F2.8 | Comments(0)

宮川清掃

恒例の宮川清掃
今年もたくさんのクライマーが参加してくれました。
f0195813_10551758.jpg
まずはラジオ体操から!
f0195813_10552999.jpg
それぞれに分かれ、今年は寺回りへ。ジブリの世界みたいな素晴らしい巨木があった。
f0195813_10553311.jpg
清掃も無事終えた。
f0195813_10554257.jpg
んで、セッション。
久しぶりにまーくんと岩でセッション。
f0195813_10560701.jpg
レジェンドも
f0195813_10561788.jpg
新たな課題となった宮田氏初登の硬岩をみんなでセッション
f0195813_10562086.jpg
いろんな課題をみんなでセッション
f0195813_10563229.jpg
今年もみなさんありがとうございました。
また来年も宜しくお願いします。

前さん、お疲れ様でした。





by tshibaponjp | 2017-09-10 13:41 | SIGMA 17-50mm F2.8 | Comments(0)