気まぐれ写真日記

運動会(小学校)

良い天気です。
f0195813_22022501.jpg
まずはゆず(2年生)の徒競走
f0195813_22022816.jpg
いつもの全力疾走
f0195813_22023198.jpg
しかし今年は男子も多くはじめてのビリ。でも笑顔で走りきりました。
f0195813_22023463.jpg
姉は意外にも放送委員。
f0195813_22025406.jpg
やや声が小さいですががんばってました。
f0195813_22025752.jpg
そしてゆな(5年生)の徒競走
f0195813_22030039.jpg
今年は、はじめてのビリじゃ無い。そしてまさかの3位。
よかったね〜
f0195813_22030351.jpg
ゆずのデカパン競争
f0195813_22032514.jpg
いつも仲良しのでかい最強のコンビでした。
f0195813_22032734.jpg
とても楽しそう。
f0195813_22033082.jpg
全力で喜んでいます。
f0195813_22033316.jpg
ゆなのリレー
f0195813_22034679.jpg
抜かれることもなく頑張ってます!
f0195813_22035053.jpg
前より走れるようになったな〜
f0195813_22035254.jpg
笑顔で走ってます。
f0195813_22035630.jpg
バトンタッチ。
f0195813_22042217.jpg
さぁお昼です。
フラインングのゆず。
f0195813_22042988.jpg
おにぎり大好きなゆな
f0195813_22043252.jpg
ユメはどこへ行ったかと思ったらよそのお家でがっつりエビフライ食べてました。。。すみません。
f0195813_22042536.jpg
昼一は来年入学児のかけっこ。
f0195813_22045131.jpg
そう、来年は一年生。
f0195813_22045412.jpg
嬉しそうに帰ってきました。
f0195813_22045716.jpg
さぁゆずの表現。
f0195813_22051597.jpg
これも全力ですよ〜
f0195813_22051967.jpg
f0195813_22052242.jpg
f0195813_22060592.jpg
f0195813_22060726.jpg
がんばったね。

次はゆなの組体操
えっ、、上?
f0195813_22061130.jpg
下の子大丈夫かな??
f0195813_22061663.jpg
これも上!
f0195813_22062986.jpg
またしても。。上。
f0195813_22063359.jpg
これは・・・上ではなかったみたい。ほっ。
f0195813_22063770.jpg
笑顔で楽しそうでした。
f0195813_22064099.jpg
最後までがんばったね〜
f0195813_22065819.jpg
帰りに張り切ってその家の荷物を運ぶゆめ。
うちのを手伝っておくれ。
f0195813_22070134.jpg
ぐったりのママ。お疲れさまでした〜
f0195813_22071290.jpg




# by tshibaponjp | 2017-09-30 16:11 | TAMRON 18-200mm | Comments(0)

槍・穂高縦走(4日目)②紀美子平〜上高地〜平湯

事故が多いという重太郎新道を通って上高地へ
まずは岳沢小屋を目指します。
f0195813_17143968.jpg
いきなり滑りやすい鎖場をおります。もし雨だったらホントに厳しいだろうな。
f0195813_17151208.jpg
岩場をどんどん下っていきます。
f0195813_17151739.jpg
谷の眺めが素晴らしい。
f0195813_17154502.jpg
岳沢パノラマポイントに到着。紀美子平から約30分。
f0195813_17155007.jpg
まだまだスリップしそうな鎖場が。
下には人だかりで、どうやら滑落してしまった人が救助を受けている。
f0195813_17161536.jpg
まだまだ危険な箇所が続くようです。

f0195813_17161932.jpg
はしごの下は崖っぷちになっていました。
f0195813_17164503.jpg
ようやくなだらかな場所まで降りてきました。
f0195813_17164999.jpg
岳沢に到着。
f0195813_17171595.jpg
岳沢小屋。紀美子平から1時間30分。
f0195813_17171926.jpg
先ほどの救助のヘリがやってきました。
無事であることを祈って。
f0195813_17174604.jpg
さぁ休憩もとっていよいよ上高地へ
f0195813_17175287.jpg
なぜかダッシュするアキラ氏。ついていくのが必至です。
f0195813_17181570.jpg
どんどん遠ざかっていく〜
f0195813_17182001.jpg
岳沢ー上高地の中間地点。
f0195813_17184532.jpg
天然クーラー。
ホントにひんやりした空気が流れ出てきてます。
f0195813_17184817.jpg
遊歩道が現れ上高地の近さが伺えます。
f0195813_17191536.jpg
ついに登山道終了〜
岳沢小屋から1時間7分。かなり早かった。
f0195813_17192048.jpg
沢からの水がとても綺麗。
f0195813_17200160.jpg
再び遊歩道を歩いて河童橋へ向かいます。
f0195813_17200938.jpg
ザ・上高地って雰囲気です。
f0195813_17203486.jpg
降りてきた道を振り返って。
f0195813_17203937.jpg
戻ってきましたね〜
f0195813_17210593.jpg
ジェラートで乾杯。
f0195813_17211089.jpg
アキラさんは贅沢ビールで。
f0195813_17213436.jpg
さぁバス停に戻りますか。
f0195813_17213833.jpg
平日でもバスターミナルはたくさんの人が。
f0195813_17220551.jpg
平湯行きも長蛇の列でした。
f0195813_17220823.jpg
14:30あかんだな駐車場へ戻ってきました。
f0195813_17223521.jpg
これにて終了〜
f0195813_17223974.jpg
そしてまずは風呂!
f0195813_17230670.jpg
最後はメシ!
f0195813_17230942.jpg
21時前に名張帰宅。

はじめてのアルプス、はじめてのテント泊、はじめての縦走。
実に天気に恵まれ、事故もトラブルもなく
怖いくらいスムーズな3泊4日の山行でした。
アキラさんのおかげですね。色々とありがとう〜




# by tshibaponjp | 2017-09-26 16:41 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(4日目)①穂高岳山荘〜前穂高岳

やっぱりあまり寝れなかったのでカメラ持ってふらふらと。
朝4:30の穂高岳山荘。山小屋の朝もとても早いです。
f0195813_17075746.jpg
日の出前の空もとても綺麗。
f0195813_17075959.jpg
日の出前からヘッデン点けて続々と登り始める登山者たち。
f0195813_17082720.jpg
今日も素晴らしい日の出です。
f0195813_17083099.jpg
5:30。お湯を沸かして朝食の準備。
f0195813_17085700.jpg
6:30。テントも撤収し、いよいよ最終日の始まりです。
奥穂高岳と前穂高岳のピークを踏みに行きます。
f0195813_17090059.jpg
いきなりはしごの連続です。
f0195813_17092764.jpg
すぐそこだと思っていたピークは結構遠い。
f0195813_17093074.jpg
ジャンダルムの姿がはっきりと。
ちょうど核心と思われる馬の背を慎重に超えている人たちが5〜6人いました。たぶん暗い時間から出発した人たちなんだろう。
f0195813_17095791.jpg
奥穂高岳(3190m)に到達。今回の最高峰。国内第3位。
ここまで約40分。
f0195813_17100077.jpg
タイミングよくここで100名山を達成した人が。
いったいどれだけの時間と体力がいるんだろう。。
f0195813_17102749.jpg
さぁいよいよ残すは前穂高のみ。

f0195813_17103103.jpg
槍がまだ見えました。
ここまでのピークが全て見えるポイントです。
f0195813_17110454.jpg
南陵ノ頭
f0195813_17110872.jpg
また1時間以上の険しい下りが続きそうです。
f0195813_17114049.jpg
視界は良好!
f0195813_17114324.jpg
奥穂ー西穂の稜線がくっきり。
f0195813_17121062.jpg
ここまで約50分。結構良いペースです。
f0195813_17121311.jpg
なんだかすごい岩。
f0195813_17124089.jpg
紀美子平到着〜 奥穂から約1時間。なかなかのハイペースなのかな?
f0195813_17124390.jpg
ここは前穂へのアタック地点。見晴らしもよく、たくさんの人で賑わいます。
f0195813_17143662.jpg
今回最後のピーク、前穂高岳(3090.5m)
アタックザックで身軽になったので早いと思ったけど25分くらいはかかったかな。
f0195813_17131393.jpg
この日もとても眺めがよく南アルプスの稜線が見えました。
f0195813_17131749.jpg
槍もくっきり見えますね。
f0195813_17134309.jpg
さぁ紀美子平まで慎重におります。
f0195813_17134728.jpg

これで今回のピークは終了。
今回の縦走で、国内3000m級21座のうち8座を一気に踏んだということらしい。
そういう実感がわかないがとても満足感の高い縦走だったことに間違いない。




# by tshibaponjp | 2017-09-26 10:36 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)

槍・穂高縦走(3日目)②北穂高岳〜涸沢岳〜穂高岳山荘

北穂高岳小屋のすぐ裏に北穂高岳のピークがあった。
f0195813_16585934.jpg
本日の第二核心のはじまり。今回の行程で一番険しいと聞く涸沢岳への道のりです。ドキドキです。
f0195813_16590272.jpg
すぐに涸沢への分岐がありました。
f0195813_16592877.jpg
険しそうな稜線が続きます。
f0195813_16593193.jpg
下りも足を滑らすと大変なことになりそう。
f0195813_16595827.jpg
大キレットに劣らないな。
f0195813_17000205.jpg
奥ホを目指す。
f0195813_17002836.jpg
ボルダリングできたら楽しそう。こんなところにまで来れないけど。
f0195813_17003128.jpg
視界の広さが気持ちいい。
f0195813_17005980.jpg
あのてっぺんまでいくのか。いけるのか?
f0195813_17010203.jpg
最低コルに到着。北穂高岳からここまで約50分。
ここからが核心だな。
f0195813_17012943.jpg
どんどん進むアキラ氏
f0195813_17013604.jpg
アキラ氏の前には単独行の女性が。全く追いつけない。どんどん離される。早い。。。
f0195813_17015824.jpg
長い鎖場が連続します。
f0195813_17020368.jpg
はしごもたくさんあります。
f0195813_17024632.jpg
たまに後ろを振り返る。まだ槍が見えますね。
f0195813_17025013.jpg
休憩を挟みながら慎重に。。
f0195813_17031639.jpg
癒し。
f0195813_17032095.jpg
足がすくむ高さ。思わず鎖を握る手に力が入る。
f0195813_17034696.jpg
核心は越えましたね。
f0195813_17035081.jpg
涸沢岳到着。
北穂高岳から1時間50分ほど。
f0195813_17044541.jpg
眼下には穂高岳山荘が!
f0195813_17041654.jpg
まだ遠くに槍が見えます。南岳も。あそこから自分の足で歩いた来たとは思えない。
f0195813_17041888.jpg
穂高岳山荘到着!多くの人で賑わっています。
f0195813_17051976.jpg
早速キャンプの受付。
f0195813_17051589.jpg
本日のテント場。かなり狭いです。段々畑ならぬ段々テント。
f0195813_17054607.jpg
この度の核心を越えてかんぱーい。
f0195813_17061584.jpg
ずーっと下には涸沢が見えます。
f0195813_17054915.jpg
ラッキーなことに荷揚げのヘリを間近で見れました。
迫力あります。
f0195813_17061921.jpg
かっこいいな〜
f0195813_17064648.jpg
今日の日の入りもめちゃ綺麗でした。
f0195813_17064940.jpg
奥穂高を望む
f0195813_17071589.jpg
満天の星空。うっすら天の川も見える。見えにくい?
f0195813_17071845.jpg
核心を乗り越え来てみたかった穂高岳山荘にたどり着けた。
そしてテントから顔を出して満天の星空を眺める。
最高の夜でした。



# by tshibaponjp | 2017-09-25 20:26 | DA 12-24mm F4 | Comments(0)